News

INCONTROLは、スタジアム&アリーナ2017に出展いたします

スタジアム&アリーナ2017は、千葉市幕張メッセにおいて開催されます。

9月12日〜14日3日間開催される、世界各地のイベント開催地、オーナー、オペレータ、デベロッパー、建築家、デザイナー、契約者、設計者、サプライヤー、およびプロジェクトの意志決定者の皆様に特化した総合イベントです。

本イベントではスタジアムやアリーナの管理者に向けに、世界各国から、最先端のテクノロジーとソリューションが集結します。

Pedestrian Dynamics® 3.1リリース

クラウドリスク分析を実施している大手建築家、エンジニア、コンサルタントにとって、当社の群衆シミュレーションソフトウェアはこれまで以上に包括的です。INCONTROLは、Pedestrian Dynamics 3.1群衆シミュレーションソフトウェアのリリースを発表することを誇りに思っています!

専門家および学術ユーザー協力し、群衆シミュレーションソフトウェアPedestrian Dynamicsを大幅に改善しました。お客様のニーズを満たすために、私たちはソフトウェアの使いやすさを向上させることに重点を置いています。

新しいバージョンでは次のことが可能になります:
  • 新たに追加された出力統計を使用してより詳細な分析を行う
  • 鉄道駅のモデルをより早く構築する
  • エージェントプロファイルの編集と保存、または文献に基づくデフォルトプロファイルの使用
  • メソまたはマクロレベルでのエージェントフローのシミュレーショ
  ライセンスをアップグレードする。  
  無償評価ライセンスをリクエストする。  
  新しいパンフレットをダウンロードする。  

Pedestrian Dynamics® 3.1の新機能


ビデオを見たり、下に続けて読んでください。


     

OD表に基づく需要プロファイルとルーティング

アクティビティベースのルーティングの次に、エージェントをODマトリックスに基づいてルーティングできるようになりました。Origin Destination Matrix(OD Matrix)は、エージェントアクティビティのテーブルとして入力します。道路の入口と出口のほかに、輸送入力に定義された特定のバス路線または列車も、出発地または目的地として使用できます。より多くの機能がエージェントジェネレータに導入され、エージェントアクティビティに基づいて需要プロファイルを簡単に作成できます。これにより、ODマトリックスに基づいてデマンドを簡単に作成できます。   

     

デフォルトおよび編集可能なエージェントプロファイル

有名なアカデミックリサーチペーパー(Fruin、Daamen、IMOなど)に基づくデフォルトのプロファイルは、ユーザーが読み込んで編集できるようになりました。エージェントプロファイルを使用すると、観光客、移動が制限されている人、通勤者などのグループの歩行動作を定義できます。ユーザーが作成したプロファイルを保存し、別のモデルに読み込んだり、他のユーザーと共有したりすることができます。

     

らせん階段

らせん階段をモデリングすることができるようになりました、ユーザーは、サイズ、内径、開始角度と終了角度、およびステップのサイズを設定できます。

     

メソまたはマクロモードでシミュレート

メソレベルでモデル化するオプションが改善されました。メソレベルのエージェントは、目的地までの最短経路を歩き、他のエージェントを避けます。高度な分析を行うために、マクロレベルでモデル化するための新しい機能が導入されています。マクロモードでは、エージェントは相互作用を持たず、ある活動場所から別の活動場所に直線的に移動します。

       

新しいアウトプット

計画案のアクセシビリティと安全性を評価するだけでなく、使いやすさとコストを分析し、より詳細な群集流動検討を行うために新しい出力統計情報が追加されています。
グリッドベースまたはエージェントベースのヒートマップを作成できます。
         
     
累積平均密度
特定の時間間隔の領域の平均濃度(色)を表示します。
         
     
空間利用マップ (占有時間)
占有時間としての領域の使用(色)を表示します。
         
     
累積高密度 (高密度の時間)
面積密度がしきい値を超えた時間(カラー)を表示します。
         
     
選択エリアの密度
選択した領域の平均濃度と最大濃度を時間とともに表示します。
         
     
社会的費用の設定
ユーザは、社会的費用関数のパラメータの値および重みを設定することができる。
         
     
選択されたエリアの内容
時間の経過とともに選択された領域にエージェントの量を表示します。
         
     
社会的費用
エージェントの社会的コストを(ユーザーが選択した)通貨と、異なる機能領域にわたる結果の内訳を示します。
         
     
一般化された旅行時間
エージェントの一般化された移動時間のヒストグラムを示します。
         
     
一般化された旅行時間 (グループごと)
エージェントの一般化された移動時間と、異なる機能グループの内訳を示します。

すべての新機能および改善点の概要を知りたい場合は、ソフトウェアのヘルプファイルの「What's New」メニューをチェックしてください。

Pedestrian Dynamics 3.1.に関する詳細情報やサポートについては当社にお問い合わせください。

           
ライセンスをアップグレードする。 無償評価ライセンスをリクエストする。 新しいパンフレットをダウンロードする。
     

日本でPedestrian Dynamics®のセミナーを開催します!

INCONTROL Simulation Solutions 東京準備室は、2015年7月29日と30日の2日間、Pedestrian Dynamics®エンジニアによるセミナーを開催します。ディビジョンマネジャーのJeroen SteenbakkersおよびシミュレーションエンジニアのMarlies Woutersが来日し、歩行者シミュレーションの技術・知識を直接お伝えします。

INCONTROLは東京に準備室を開設しました。

インコントロールは2015年4月1日、東京大手町に準備室を開設いたしました。INCONTROLの群衆マネジメントシミュレーションソフトウエアが、日本のマーケットに進出します。鉄道駅や空港ターミナル、スポーツ施設、その他都市施設のような大規模な混雑箇所におけるセキュリティの向上は、日本の政府にとって優先順位が高くなっております。この課題を解決するために、群衆シミュレーションは必要不可欠なツールと言えます。

Share this on:
Submit to Facebook Submit to Twitter Submit to LinkedIn