Large-Vessels-680

クルーズ船、オーシャンライナーやフェリー等の大型客船および乗客ターミナルの設計および運行(運営)段階において、キャパシティおよび安全性は重要なテーマです。フェリーか高級クルーズ船かに関わらず、船舶は要求された乗客数を処理できる設計でなければなりません。船が最大数の乗客を乗せている場合であっても顧客を満足させ、良い動線を生み出すためには、設備の配置および数は重要です。さらに、適切な計画を行うためには、船の出発や乗り換えに必要な時間に関する洞察を得ることが重要です。

乗客の収容において、安全性は重要な項目の一つです。船から避難するのに必要な時間はどれくらいか?救命ボートは何艇必要で、どこに設置するべきか?シミュレーション・ソフトウェアを使用すると、これらの質問に対する答えを簡単に得ることができます。

シミュレーション・ソリューション
シミュレーション・ソフトウェアを使用すれば、皆さんの船舶のインフラを簡単にモデル化し、歩行者の流れを分析することができます。設計および運行段階において、シミュレーション・ソフトウェアは皆さんに以下の利益をもたらしてくれます。

  • 設計の段階で、船舶のキャパシティおよび安全性を評価することで、時間とお金を節約することができます。
  • 必要な設備の数・場所を決定することができます(ビュッフェでのレジ係は何人必要か、トイレはいくつ設置すべきか、デッキの内側・外側で座席はいくつ設置すべきか等)。
  • 船舶の技術要件を、予想される用途や当局の要求に基づいて決定します。
  • 現在のインフラのキャパシティおよび安全性を確認し、複数の代替案を評価します。
  • 歩行者動線を2D・3Dで表現し、船舶の設計をステークホルダーに提示することができます。
  • 乗客および乗客の車の上船、下船、乗り換えの適切な計画およびその時刻表の作成を行うことができます。
  • 避難計画および緊急時対応計画の作成に役立てることができます。

複雑な事業計画課題
歩行者動線のシミュレートは、ここ数年広く行われるようになっています。その重要な理由の一つは、大規模な群衆が存在する場所にとって、そこに集まる人の安全が重要な課題の一つとなっているという点にあります。さらに、歩行者の流れをシミュレートすることで、キャパシティ・マネジメントや施設・設備の商業利用に関する複雑な物流的課題を解決することができます。既に、船舶設計士、建築家、当局、緊急サービス等の多くの異なる当事者が、彼らの使命を達成するために、シミュレーション・ソフトウェアを使用しています。INCONTROLは彼らの為に、独自のシミュレーション・プラットフォームであるPedestrian Dynamics®を提供しています。


INCONTROL
の経験と知識
INCONTROLの開発者やエンジニアのプロジェクトに関する経験や知識が、本ソフトウェアの継続的な開発に活かされています。常にお客様に最適にご利用して頂けるよう、INCONTROLは、INCONTROLのネットワーク、および最新鋭のシミュレーション・ソリューションをご提供致します。
プロジェクトの例: フェリーの新設計に関する歩行者流動及びキャパシティの分析(トイレやケータリングの占拠率はどれくらいか、待機時間、リードタイム、処理時間はどれくらいか、1平方メートル当たりどれくらいの混み具合か)


Pedestrian Dynamics®の製品紹介ページに、より詳しい情報が掲載されています。是非トライアル版をお試しください。Pedestrian Dynamics®を利用するとどんなメリットがあるのか、私たちにお問い合わせ頂きご確認ください。