Commercial-Venues-680

ショッピングモール、テーマパーク、博覧会やその他の商業施設は皆、「群衆はどのように商業施設空間を使うのか」という同じ課題に取り組んでいます。商業的に人を惹きつけるエリアや飲食店は、すべての人にサービスを提供するため、また当然売り上げを増やすためにも、論理的に配置する必要があります。通路はすべての訪問者が十分に通れるだけのキャパシティがなければならず、また施設は緊急時に迅速かつ安全に避難できる作りでなければなりません。さらに、複雑な都市部においては、他のステークホルダー(警察、地方自治体等)の要求により、その他の制約が課されることがあります。これらすべての課題に加え、「いつも通りの日」は存在しないのです。売り上げ、特別イベント、天候やその他の変数が、来場者の数や来場者の流れに影響を及ぼすのです。

Commercial-Venues_movie

シミュレーション・ソリューション
シミュレーション・ソフトウェアは、複雑な施設における来場者の流れをシミュレートするためのソリューションであり、会場のパフォーマンスと安全性を評価するために使用することができます。シミュレーション・ソフトウェアを用いることで、以下が可能になります。

 

  • 小売業者や飲食業者にとって商業的に人を惹きつける売場を決定することができます。
  • 飲食店やトイレ、入り口等の待ち時間及び所要時間を決定します。
  • 通路、歩道、改札口等の安全性を評価することができます。
  • 施設の特定の場所における特別イベントやショーの効果について洞察を得ることができます。
  • 警察等によって要求される建築条件、(部分的)避難、来場者の出入りの流れ等を、異なるシナリオで試し、比較することができます。
  • 既存の建築物や訪問者の流れ、狭い通路等の安全性について、洞察を得ることができます。
  • 訪問者の流れを2D・3Dで動画化することにより、ショッピングモール、テーマパーク等施設の建築計画を利害関係者に提示することができます。
  • 避難時間を特定し、避難計画および緊急時対応計画を作成することができます。
  • 設計の段階で様々な機能を試験することで、時間とお金を節約することができます。

商業施設での安全性、収容力の検討
訪問者の流れを検討するシミュレーションは、ここ数年広く行われるようになっています。その重要な理由の一つは、あらゆる種類の建築物において、訪問者の安全が主な課題の一つとなっているという点にあります。もう一つの理由は、訪問者の流れをシミュレーションすることで、商業や容量管理 に関する複雑で物流的な課題を解決することができるためです。既に、イベントの主催者、建築士、当局、緊急サービス等の多くの異なる当事者が、彼らの使命を達成させるために、シミュレーション・ソフトウェアを使用しています。INCONTROLは彼らの為に、独自のシミュレーション・プラットフォームであるPedestrian Dynamics®を提供しています。

INCONTROLの経験と知識
INCONTROLの開発者やエンジニアのプロジェクトに関する経験や知識が、本ソフトウェアの継続的な開発に活かされています。常にお客様に最適にご利用して頂けるよう、INCONTROLは、INCONTROLのネットワーク、および最新鋭のシミュレーション・ソリューションをご提供致します。 プロジェクトの例:テーマパーク「De Efteling(デ・エフテリング)」における一日の最後に行われるショーの来場者オペレーションの最適化。上海で開かれたWorld Expo 2010における中国パビリオンの来場者の流れの分析。


Pedestrian Dynamics®の製品紹介ページに、より詳しい情報が掲載されています。是非トライアル版をお試しください。Pedestrian Dynamics®を利用するとどんなメリットがあるのか、私たちにお問い合わせ頂きご確認ください。

Share this on:
Submit to Facebook Submit to Twitter Submit to LinkedIn