Cities-and-Infrastructures-680

都心部、住宅街や都市における建築物は、人々が生活し、働き、楽しめるようなデザインでなければなりません。これを達成するには、歩行者の流れや移動状況等、動線を理解する必要があります。小売業者は、訪問者数を最も多くするためには市内中心部のどこに店を構えるべきか知りたがっています。シティプランナーはできるだけ多くの人を惹きつける公園の設置場所を計画しています。地方自治体は住民や来訪者にとって容易にアクセスできる都市にしたいと考えています。ハードの一時的な変更(イベントや都市再開発等)においては、キャパシティ、移動状況やアクセシビリティは常に考慮すべきテーマです。でも、これらの課題の解決は、どのように行えば良いのでしょうか?

Cities-and-Infrastructures_movie

シミュレーション・ソリューション
シミュレーション・ソフトウェアは、複雑な都市環境内のキャパシティ、モビリティおよびアクセシビリティの課題を解決してくれます。シミュレーション・ソフトウェアの助けを借りることで、以下が可能となります。

  • 都市環境のキャパシティおよびアクセシビリティを評価することができます。
  • 都市環境のキャパシティやアクセシビリティの一時的な変更の結果について洞察を得ることができます。
  • 都市やその周辺におけるオープンイベント、デモンストレーション、行進等の影響を理解することができます。
  • 都市環境内において商業的に人を惹きつける場所を特定します。
  • 都市施設の計画を、2D・3Dの動画でステークホルダーに提示できます。
  • 予想される歩行者の流れに基づき、街区内におけるショッピングセンターや児童公園等の機能を、設計段階で計画することができます。
  • 既存建築物、歩行者の流れ、ボトルネック(リスク)をマッピングすることができます。
  • セキュリティ計画を立てることができます。

安全性、容量、都市計画および商業
歩行者シミュレーションは、主要な都心における占拠抗議等の事件もあって、ここ数年広く行われるようになっています。さらに、来街者の流れをシミュレートすることで、商業や安全性、容量の管理 に関する複雑な動線の課題を解決することができます。既に、イベントの主催者、建築士、当局、緊急サービス等の多くの異なる当事者が、彼らの使命を達成させるために、シミュレーション・ソフトウェアを使用しています。INCONTROLは彼らの為に、独自のシミュレーション・プラットフォームであるPedestrian Dynamics®を提供しています。


INCONTROLの経験と知識
INCONTROLの開発者やエンジニアのプロジェクトに関する経験や知識が、本ソフトウェアの継続的な開発に活かされています。常にお客様に最適にご利用して頂けるよう、INCONTROLは、INCONTROLのネットワーク、および最新鋭のシミュレーション・ソリューションをご提供致します。 プロジェクトの例:2013年4月30日の女王退位時のアムステルダム市の歩行者の流れおよびキャパシティ分析スタディ(異なる各ルートのキャパシティはどれくらいか、ボトルネックが予想される場所はどこか、過密を避けるために取るべき措置はどれか等)、ショッピングモール Hoog Catharijneの新デザインの研究(どのルートが来場者をより多く獲得するか、商業的に人を惹きつけるエリアはどこか?)


Pedestrian Dynamics®の製品紹介ページに、より詳しい情報が掲載されています。是非トライアル版をお試しください。Pedestrian Dynamics®を利用するとどんなメリットがあるのか、私たちにお問い合わせ頂きご確認ください。

Share this on:
Submit to Facebook Submit to Twitter Submit to LinkedIn