Airports-680

空港は、あらゆるものが完璧に調整されている必要があります。したがって、空港ほど、歩行者の流れ、待機時間、処理時間、キャパシティやこれらの相互関係に対する洞察が重要となる施設はありません。計画者や設計者は、空港ターミナル施設を検討するにあたって、大きな課題に直面します。出発ターミナル、ラウンジ、通路、ゲートは十分なキャパシティがなければならず、また論理的に配置される必要があります。さらに、施設はあらゆる安全要件を満たさなければなりません。

空港の運営中は、現在の施設を最も効率的な方法で使用することが重要となります。毎日、わずかな時間で複数の手続きを済ませる何万人もの人が利用する空港において、これは複雑な課題です。利用者(搭乗者)の数、処理時間および待ち時間に基づいて、効率的に空港職員の勤務表を作成することは可能です。しかし、運行スケジュールには逸脱も生じるため、「いつも通りの日」というものは存在しないのです。

Airport_movie

シミュレーション・ソリューション
シミュレーション・ソフトウェアは、先に挙げたような動的な環境の影響を理解するためのソリューションです。複雑なインフラにおいて空港利用者の流れをシミュレートし、環境の安全・パフォーマンスの評価および改善に役立てます。空港の設計段階および運営段階においてシミュレーション・ソフトウェアを使用することで、以下のような利点が得られます。

  •  設計の段階で、空港のパフォーマンスおよび安全性を評価・最適化することで、時間とお金を節約することができます。
  •  空港利用者の流れ、待機時間、処理時間および潜在的なボトルネックに関する洞察を得ることができます。
  • 避難計画および緊急時対応計画の作成を支援します。
  • 予想される混雑度、歩行者の流れおよび処理時間に基づいた職員の勤務スケジュールを作成する際に役立てることができます。
  • 空港施設を2D・3Dで動画化し、ステークホルダーに提示することができます。
  • 歩行者の流れに基づいて、空港内の商業的に人を惹きつけるエリアを特定することができます。

空港の安全性、キャパシティおよび商業
歩行者流動のシミュレートは、ここ数年広く行われるようになっています。その最も重要な理由は、利用者の安全が空港における主な課題の一つとなっていることです。さらに、歩行者流動をシミュレートすることで、空港のキャパシティ・マネジメントや商取引促進に関する複雑な課題を解決することができます。既に、イベントの主催者、建築士、当局、緊急サービス等の多くの異なる当事者が、彼らの使命を達成させるために、シミュレーション・ソフトウェアを使用しています。INCONTROLは彼らの為に、独自のシミュレーション・プラットフォームであるPedestrian Dynamics®を提供しています。

INCONTROLの経験と知識
INCONTROLの開発者やエンジニアのプロジェクトに関する経験や知識が、本ソフトウェアの継続的な開発に活かされています。常にお客様に最適にご利用して頂けるよう、INCONTROLは、INCONTROLのネットワーク、および最新鋭のシミュレーション・ソリューションをご提供致します。プロジェクトの例:アムステルダム・スキポール空港のシミュレーション・アプリケーション(どのように乗継ぎ利用客の流れを最適化できるか)ブリスベン空港(新ターミナルにとって最良のデザインは何か)シミュレーション・ソフトウェアを使用して課題解決することで、売り上げを最大限に引き上げ、旅行者の満足度を向上させることができるだけでなく、さらに国から運営委託を受ける等のチャンスが得られるかもしれません。


Pedestrian Dynamics®の製品紹介ページに、より詳しい情報が掲載されています。是非トライアル版をお試しください。Pedestrian Dynamics®を利用するとどんなメリットがあるのか、私たちにお問い合わせ頂きご確認ください。